本文へ移動

セルローズファイバー断熱材

ハヤトホームのこだわり セルローズファイバー断熱材

ハヤトホームの一番のこだわりの一つがセルローズファイバー断熱材です。
天然木質繊維の断熱材で住む人と建物にやさしい断熱材
セルローズファイバー断熱材のポイントは

1 冬暖かく夏涼しい断熱材

 断熱材といえばマットを敷きつめるタイプが一般的でしたが、その工法だとどうしてもマットの継ぎ目や電気コンセント部分から熱が逃げてしまい、せっかくの断熱効果が充分に発揮できない弱点がありました。セルローズファイバー断熱材は専用の機械でスキマなく吹き込む事により、床、壁、天井から熱が逃げることなく、すぐれた断熱効果を発揮し冬は暖かく、夏は涼しい快適な住環境となります。

2 呼吸する断熱材

セルローズファイバーは木材と同じように吸放湿性があります。壁の中に発生する「壁内結露」防ぐためにはセルローズファイバー断熱材は湿気を吸ったり吐いたり呼吸することで「壁内結露」を防ぎます。

3 防音効果のある断熱材

セルローズファイバーは、壁に55kg/㎥の量を隙間なく吹き込むことにより音を伝えにくくします。イメージとしてはふとんの中で大声を出しても、聞こえにくくなるといったイメージです

4 防燃効果のある断熱材

セルローズファイバーは難燃処理をほどこしてあるので燃えにくく、炎をあててみても表面が炭化していくだけで、万が一火災が発生しても、延焼を遅らせる効果があります。さらに天然素材なので有毒なガスの発生もありません
 
 

5 防虫効果のある断熱材

 セルローズファイバーはホウ酸が配合されているので虫を寄せ付けにくくなります。また吸放湿性の効果でカビや菌の発生を防止します。
 
TOPへ戻る